Googleのモバイル検索チームのプログラマーである加藤義清氏と
ウェブマスタートレンド担当アナリストを務めるPierre Far氏が

Webサイトがスマホでの表示に対応しているかどうか?や

個別のスマホについて
表示方法を変えているか?など

サイトのスマホ対応度について、
検索結果の順位表示アルゴリズムを変更する考えを示しました。

その中での

問題点として指摘しているポイントは以下の様な点です。

  1. デスクトップユーザー向けページを訪れたスマートフォンユーザーをリダイレクトする際、それぞれに対応するスマートフォン向けページではなく、単一のスマートフォン向けトップページにリダイレクトする。
  2. デスクトップ環境ではうまく再生できるのにスマートフォン端末で再生できない動画をページ上に埋め込んでいる。たとえば、Adobe Systemsの「Flash Player」が必要な動画などだ。
  3. モバイルに最適化されたサイトがない場合に、モバイルユーザーに対して、デスクトップ向けページを表示する代わりに、エラーページを表示している。

これは、要注意ですね!Webサイトを運用しておられる方で、
スマホへの対応が不十分な方は、早急に対策される必要がありますね。

引用:CNET Japan
グーグル、スマホ対応が不適切なサイトの検索順位を引き下げへ