【Google大変動】8月1日のメディックアップデート5つの対策と実際の影響|Twitterのツイートまとめと、弊社ユーザー様の声

2018年8月2日周辺から、(8月1日から変動幅が大きくなっているという計測もあり)
世界的にGoogleの検索順位変動幅が大きくなっています。
大変動とも言える変動幅です。

各種計測による変動幅グラフ

日本のnamaz.jpでは2日から、
PC、モバイルともに、変動幅は平均値17.8位と、
大変動を見せています。

8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<デスクトップ>

こちらはデスクトップ(パソコン)での状況です。
※キャプチャー画像引用:namaz.jp

8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<PC>
8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<PC>

8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<モバイル>

こちらは、モバイル(スマホ)での状況です。
※キャプチャー画像引用:namaz.jp

8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<モバイル>
8月2日 namaz.jpでの大変動のグラフ<モバイル>

また、海外の計測機関のグラフでも、
8月1日~2日にかけて、大変動が記録されています。

8月1日Mozcastでの大変動のグラフ

こちらのMozcastでは8月1日からすでに大きな変動が記録されています。
※キャプチャー画像引用:MOZCAST

8月1日Mozcastでの大変動のグラフ
8月1日Mozcastでの大変動のグラフ

8月2日SEMrushでの大変動のグラフ

※キャプチャー画像引用:SEMrush

8月2日SEMrushでの大変動のグラフ
8月2日SEMrushでの大変動のグラフ

8月1日のコアアルゴリズムアップデートについてのGoogleの公式発表

GoogleもTwitterで公式にアルゴリズム・アップデートが行われたことを発表しています。

※Google翻訳

今週は、1年に何回も行うように、幅広いコアアルゴリズムのアップデートをリリースしました。 そのような更新に関する私たちのガイダンスは、ここで取り上げたように、3月と同じままです:
◆3月のツイートの翻訳
毎日、Googleは通常、結果を改善するために1つ以上の変更をリリースします。 一部は特定の改善に焦点を当てています。 広範な変更があります。 先週、我々は広範なコアアルゴリズムアップデートをリリースしました。 私たちはこれらを毎年数回定期的に行います….

Googleはこのようなコアアルゴリズムアップデートを年に数回、行っています。

アルゴリズムアップデートとは、
Googleの検索結果順位決定の要因、ルールにあたる、アルゴリズムの更新のことです。

この更新が、アルゴリズムの「コア」つまり、
中心的な原則部分について行われるものが、
「コアアルゴリズム・アップデート」です。

それゆえに、
このコアアルゴリズムアップデートが行われた際には、
順位変動が大きくなることが少なくありません。

上記のツイートを見ると、
今回のアップデートに関しても、
ガイダンスは3月と同じであると言っています。

※参考:3月の大変動に関する弊社独自のユーザーアンケート結果
「【SEO対策情報】2018年3月のGoogle大変動の状況調査アンケート結果まとめ」

【SEO対策情報】2018年3月のGoogle大変動の状況調査アンケート結果まとめ

2018年3月のツイート

それでは、3月のアルゴリズムアップデートの際の、Googleの発言をツイートを元に復習してみましょう。

これらを見ると、Googleは毎日、何らかのアルゴリズムの変更をしているということが分かります。

そして、その変更は一部の要因に関するものもあれば、広い範囲に及ぶものもあります。

また、コアアルゴリズムアップデートは年に数回、定期的に行っています。

そして、対策としては、「優れたコンテンツを作成すること」以外にありません。優れたコンテンツを提供することにだけ注力していれば、他のサイトとの相対評価で、あなたのサイトの順位が上昇する場合があると、Googleは言っています。

以下、2018年3月のコアアルゴリズムアップデートの際のGoogleのツイートです。


※Google翻訳

毎日、Googleは通常、結果を改善するために1つ以上の変更をリリースします。 一部は特定の改善に焦点を当てています。 広範な変更があります。 先週、我々は広範なコアアルゴリズムアップデートをリリースしました。 私たちはこれらを毎年数回定期的に行います….


※Google翻訳

どんなアップデートと同様に、いくつかのサイトは、低下または利益を記録するかもしれません。 あまりうまく行かないページには何も問題はありません。 代わりに、私たちのシステムへの変更は、以前に報酬を受けていなかったページに利益をもたらしています….


※Google翻訳

優れたコンテンツを作成することに焦点を当てる以外に、あまりうまく機能しないページには「修正」はありません。 時間が経つと、あなたのコンテンツが他のページと比較して上昇することがあります。

その他の今回の8月1日以降のGoogleによるフォローアップの発言

Googleの内部の人である、ダニー・サリバンが、Twitterでの質問に回答しています。

※Google翻訳

特定のことが役に立つ更新情報がある場合は、その旨をお知らせします。 これらを使って、具体的なことは何もありません。そして、実際には「壊れていない」ものを修正しようとしないと、それを理解することは実用的だと思います。

※Google翻訳

私たちはたくさんのことを教えています。 サイトの速度を向上させます。 安全を考慮してください。 しかし、これらはこのアップデートの内容ではありません。 それは広範囲に及びます。 そして丁重に、私は人々に「修正する」という特別なことは本当に役立っていると言います。 うまくいけば、彼らはより広範に考える…

この中で、ダニー・サリバンは、サイトの速度を向上させたり、セキュリティーを考慮するべきだと言っています。

これはつまり、スピードアップデートにも見られるように、サイトの読み込み速度を早くすることや、サイトのSSL化を推奨して、
セキュリティーを高めることを目指している、最近のGoogleの方向性のことだと考えられます。

しかし、この8月1日のアップデートの内容ではないと言っています。

スピードやセキュリティーといった限定的な要因ではなく、もっと広い範囲に及ぶものだと言っています。

もちろん、サイトの読み込み速度を早くしたり、サイトをSSL化してセキュリティー対策を行っていくことは、長い目で見て、
重要ですし、必要なことではありますが、今回のアルゴリズムアップデートで、もし、あなたのサイトの順位が下落したり、トラフィックが低下するようなことがあったとしても、慌てて、なんらかの対策を行えば、復活するというような単純な問題ではないと受け取れます。

まず大事なのは、慌てないことです。

とりあえずは、2~3週間くらいは様子を見ること。
その間にGoogleのアルゴリズムにも修正がはいることが多いですから、

それによって復活することも十分に考えられます。

※追記/2019年8月

最近では大きなアルゴリズムアップデートが行われた翌月くらいに、大きめのマイナーアップデートが行われる傾向が見られます。ですので、2~3週間よりももう少し長めに、1ヶ月程度は慌てること無く状況を見ることをお勧めします。

 

Googleが言うところの「優れたコンテンツ」とは?

また、検索ユーザー、つまりサイト訪問者が、打ち込んだクエリ(=キーワード)で求めている情報が、あなたのサイトで提供できているかどうか?です。

これが、「優れたコンテンツ」とGoogleが表現しているものに繋がります。

検索クエリとコンテンツの一致は、ここのところ、業界でもよく言われているポイントですので、よくよく気をつけてこのポイントをあなたのサイトのコンテンツについても確認するようにしてください。

参考・引用記事一覧

モバイル時代のSEO情報ブログ「【速報】8月1日にGoogleで大きな順位変動!広範囲なコアアルゴリズムアップデートの実施を発表。順位回復の対策は?」

SEOラボ「【Google大変動】コアアルゴリズムアップデートによる2018年8月1日の順位変動について」

SEMリサーチ「Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを発表、検索順位大きく動く」

海外SEO情報ブログ「Google、広範囲なコア アルゴリズム更新を実施。対策は常に1つ――コンテンツの品質改善」