SEO対策の真実

 

アフィリエイトサイトにおけるステマ・ランキング!?|「根拠」が必要!

ステルス・マーケティング

スポンサーリンク


 

2017年4月12日のことです。

BuzzFeed社が取材、検証して報じた内容と、
それに対する、
各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の反応が、
我々アフィリエイト・ビジネスに携わるものにとって、

軽く見過ごす事はできない内容だと思いましたので、
まとめてお伝えしておきます。

※ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)とは

アフィリエイト・サービス・プロバイダ (英: Affiliate Service Provider) とは、インターネットを中心に成功報酬型広告を配信するサービス・プロバイダで、略してASPと呼ばれることがある。
※引用:Wikipedia

BuzzFeed社の報道

『「検索」を汚染するアフィリエイトの闇 広告主をも騙す、ステマの手口』/2017年4月12日
というタイトルで報道されました。

なかなかショッキングですね。

「ステマ」というのは、、、
「ステルス・マーケティング」の略です。

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ。
※引用:Wikipedia

昨今の、ネット上のアフィリエイトを取り巻く状況が、
厳しさを増している中、
どうしても、外して考えられないのが、

昨年のWELQ問題です。
僕も度々、触れてきましたが、
やっぱり、またですね。

BuzzFeed社の記事でも、TOPに以下のような記述があります。

検索結果の上位に表示される根拠の曖昧な“やらせ”ランキングDeNAの医療情報サイト「WELQ」に通じる手法が用いられている。その裏には「アフィリエイト」を悪用する事業者がいた。
※出典元:BuzzFeed「検索」を汚染するアフィリエイトの闇 広告主をも騙す、ステマの手口

※WELQの関連記事
WELQ(ウェルク)の全ての記事が非公開に!事実上の閉鎖か!?

DeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏のWELQ問題に対する考え

【続報】DeNAがWELQ問題の第三者委員会の調査報告書を公表|反面教師として学ぶべきこととは

アフィリエイトサイトにおける「ランキング」と「比較」

化粧品、健康食品などに関連する商品、
もしくはそれに関連するキーワードを検索すると、

上位表示されているサイトの多くは、
「ランキング」や「比較」という内容の記事構成になっています。

まあ、これは、
その方が良く売れるからで、

アフィリエイト・サイトの構成、
作り方の定番だからですよね。

ですが、
今回、取り沙汰されているのが、
それらの「おすすめランキング」「商品比較」などが、
載っているサイトの情報が正しいとは限らないと言われていることです。

僕の個人的な考えでは、
「比較」はまだいいんじゃないのと思います。

もちろん、比較のしかたや、内容にもよるとは思いますよ。

でも、
ちゃんと自分で商品をいくつも実際に使用して、
それぞれの使用感や、使用した結果、どうなったか?

などを示しながら、
各商品を「比較」しているアフィリエイターさんも
たくさんいます。

そうして、使った結果、
「私の場合はこれが一番良かった!」
と比較した上で、よかったものをススメている場合、
それは、ステマでは無いと思うわけです。

これは、Googleの考え方にも沿っていると思いますし。

※参考記事:【SEO対策情報】E-A-Tとは|Googleの考える「ユーザーに有益」な「高品質なコンテンツ」とは?

ですので、
なんでもかんでもひとくくりにしてほしくはないな、
とは思います。

そんな中でも、
ちょっと、ヤバイかなぁと思うのは、

「ランキング」でしょうね。

まだ、先ほどお話ししたような、
「自分で使ってみた結果」を
できれば、数字などで客観的に示すことができて、

それにもとづいて、
「ランキング」にしているのなら、
良いと思いますが。

アフィリエイト・サイトの「ランキング」って、
そうじゃないものも多いですよね。

実際に、ASPの営業さんから
サイトを見つけて、その問い合わせ先に連絡があって、

「ランキングの1位に掲載下されば、特別単価(アフィリエイト報酬)出しますので」
なんていう提案がある、なんてこともあるわけです。

この提案を受ければですよ、
1位にASPの営業さんから言われた商品案件が掲載されるわけですが、

そこに、「1位である根拠」は存在しません。

アフィリエイター的には、
「特別単価くれるって言ったもん!」というのが、
根拠ということになるでしょうが、

これは「ユーザーさんにとって合理的な根拠」
とはなりえませんよね。

でも、こんなことが横行しているわけです。
これは、「ステマ」と言われても仕方がありません。

今回のランキングサイトのステマが問題になった原因

でも、このような営業さんからのアプローチも、
通常は、直接メールやフォームからですから、
個人間のやり取りで、

第3者には見えません。
公になることもなく、
根拠を示していないとは言っても、
ここまで、あからさまに批判されることもないでしょう。

それが、今回、こんな大事になった原因は、
A8.netさんが、
広告主である株式会社MEJさんと行ったキャンペーンです。

2017年2~3月に行われたキャンペーンで、

特別単価が進呈されたわけですが、
その条件に、

A8.netの問題キャンペーン

ランキングサイト、比較サイトの場合は参加申込時点で弊社サイトの1位掲載が条件となっております
※出典元:A8.net

とあります。

「1位掲載が条件」という事は、
そのアフィリエイトサイト内でのランキングに
商品内容に関する合理的な「根拠」は関係ない、
と自分で言っているようなもので、

その1位の商品が良いか?悪いか?などは関係なく、
アフィリエイト報酬が高いから、つまり、

「儲かるから1位なんだよ」
というのが「根拠」になっているわけですね。

確かにこれ、世間の感覚というか、常識から考えると、
えらくおかしなわけで、、、

ここが、ステマを助長したのではないか、
と指摘を受けたわけです。

でも、
さっきもASPの営業さんからのオファーの話しをしましたが、
それを見ても分かるように、

アフィリエイトの世界では、
わりと普通になっていたような気がします。

アフィリエイトの世界では以前からあったこと?

一昔前、
まだ、リスティング広告に、
情報商材のアフィリエイト広告が普通に出稿できていた頃。

情報商材をランキング形式にした
ペラサイトでPPC広告を出稿して稼ぐ、
「情報商材PPCアフィリエイト」というのが、
流行った時期がありました。

あの頃は、
そりゃあ、もう広告費をかければかけるだけ、
稼げるみたいなバブル状態でした。

ランキングサイトにしておけば、
報酬単価8,000円とか、10,000円とかの情報商材が、
バンバン売れましたからねー。

僕もあの頃は、まだ駆け出しでしたが、
かなり恩恵に預かりました(汗)

あのときも最後は、
「ランキングの根拠」を示していないランキングサイトは、
審査に通らなくなり、
アカウント停止などもあって、

バブルは弾けました(泣)

この時、
規約の中にあった「ランキングの根拠」は、
それこそ、リサーチ会社にでも頼まないとダメじゃん、
というくらいの内容で、

とても、一アフィリエイターに、
どうこうできるものではありませんでした。

この今回のニュース、
同じ「ランキングの根拠」というところもあり、
なんとなく、あの頃を思い出させられました。

法的にも問題

また、この「根拠のないランキング」で、
勝手に順位を操作するという事は、

法的にも問題があります。

アフィリエイターに健康食品の効果・効能を書かせて、ランキングや他社比較で1位を推奨する行為は、広告主側景表法や薬機法、健康増進法などに抵触する恐れがある。

また、ASPやアフィリエイターも、薬機法や健康増進法などに触れる可能性がある。

たとえば、健康増進法を定めた消費者庁はこうしたアフィリエイトサイトについて、「表示内容の決定に関与している場合には、『何人も』虚偽誇大表示をしてはならないと定める健康増進法状の措置を受けるべき者に該当し得る」との見解を示している。
※出典元:BuzzFeed「検索」を汚染するアフィリエイトの闇 広告主をも騙す、ステマの手口

各ASPの反応

そして、
今回の問題に対する各ASPの反応です。

どこもかしこも、”お詫び”を掲載しました。

当のA8.netさん

アクセストレードさん

afb(旧アフィリエイトB)さん

昨年のWELQの問題から続く流れの中で、
それだけ大きな問題だということの現れだと思います。

やはり行き着くところは・・・

結局のところ、
今回のランキングには、
「ユーザーの利益」が無いんですよね。

サイト作成者側のアフィリエイターの都合だけで
作られているランキングです。

もちろん、
何らかの視点で、実際に商品やサービスを「比較」したものであれば、
そこに嘘がなければ良いのではないかと、
個人的には思います。

しかし、
そこに何らか、別の意図が働いていたりしてはダメですよね。

そのアフィリエイトサイトを運営しているのが、
大きな企業になればなるほど、
世間の目は厳しくなります。

なおさら、よほどの「根拠」が無いと、
曖昧(あいまい)だと言われるでしょう。

我々も、
そのあたりは自制心をもって、
よく考えないといけないなと思わされたニュースでした。

優先するべきは、
ユーザーの利益になっていること。

そして、
そこに嘘が無いこと、だと思います。

※情報出典・参考記事
「BuzzFeed」

「検索」を汚染するアフィリエイトの闇 広告主をも騙す、ステマの手口

スポンサーリンク


 

    ウェブ・カルチャー・サービスのオリジナル ソフトウェア・ツール

    Blog Semiauto Launcher

    a-hachi-search

    メルマガ登録

    『プロのマーケッターによる「戦略的アフィリエイト通信講座」』

      プロのマーケッターとして、コンサルティングも行なっている、 私の観点から、マーケティング戦略の基本に基いて「本質的に」大事だと考えることをお伝えしていきます。 ※下記のフォームにお名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、「この内容でメルマガに登録する!」のボタンをクリックして下さい。
    *メールアドレス
    *お名前

    最新情報

    2017年5月24日
    サイトアフィリエイト
    【SEO対策速報】2017年最大規模のGoogle大変動!順位変動幅が大きくなっています。18日/namazで12.7位|2017年5月17日~20、24日
    2017年5月24日 画像出典:2017年5月24日11:20時点の順位変動状況namaz.jp 5月17日からGoogleの順位変動幅が急激に大きくなっています。 2017年最大規模の大変動です。 namaz.jpによ・・・
    2017年5月22日
    ビットコイン
    【2017年最新ビットコイン情報】ビットコインの価格が高騰中!|ヤバイことになってる!買うなら今!?
    2017年5月22日 ちょっと知り合いの社長さんが、 今、面白いことになってる、 と教えてくれたんで買ってみました。 「ビットコイン」です。 今までは怪しさ満点だという思い込みがあって、 それに、キッカケもなくて手を出し・・・
    2017年5月1日
    ビジネス・マインド
    芦田愛菜さんを支えた王貞治さんの名言|セルフマネジメント=自分との戦いこそが明暗を分ける。
    スポンサーリンク 20017年5月1日 一応、世間的には、 ゴールデン・ウィークですが、 いかがお過ごしですか。 9連休取れてる会社なんて、 よほど大手か、 逆にうちみたいな、小さくて自由が利く(きく)ところか、 IT系・・・
    2017年4月29日
    サイトアフィリエイト
    【SEO対策情報】アウルアップデートとは|Google最新アルゴリズム更新についてまとめ
    米時間の2017年4月25日に「アウルアップデート」といわれる、 Googleのアルゴリズム更新が行われました。 これは、 「アウルプロジェクト(Project Owl)」と呼ばれるプロジェクトのもとで行われた更新のため・・・
    2017年4月19日
    サイトアフィリエイト
    【SEO対策続報】4月17日~18日のGoogle大変動の続報です。|最近の変動タイミングからアップデートは定例化か?
    ※画像出典:2017年4月19日時点namaz.jp※赤枠は当方にて スポンサーリンク 2017年4月17日~18日にかけて、 Googleの検索順位に大変動があったと、お知らせしました。 namaz.jpによると、4月・・・

    このページの先頭へ