SEO対策の真実

 

【SEO対策情報】「フレッド・アップデート」とは|Googleの最新アルゴリズム・アップデートまとめ

フレッド・アップデート

スポンサーリンク


2017年3月8日~9日ころから、

Googleの検索結果順位変動が、
急激に不安定になりました。

Google大変動2017年3月
画像出典:namaz.jp/より

3/9、10、13、17、18で、大変動の傾向

赤いグラフの日が変動幅10.0以上の「大変動」を記録した日です。

3月17日には、
変動幅:12.7位で、最も大きな「大変動」を記録しています。

Google自身も、
公式に、この頃(3/8~3/9)に、
アルゴリズム・アップデートが行われたことを、
認めています。

Googleの現スポークスマンであるゲイリー・イリェーシュ氏のTwitterです。

弊社の保有するサイトでは、
現状では、これといった
大幅な順位下落が確認できているものはありませんが、

知人の
スーパーアフィリエイターさんの中には、

ちょうど、
このタイミングで、
「サイトがとんだ!!」

と言っておられる方もいました(汗)

この不安定な順位変動の原因は、
「フレッド・アップデート」
といわれる、

Googleの
検索アルゴリズム・アップデートだと言われています。

フレッド・アップデートとは

フレッド・アップデートとは、
どのような内容の、
どのような要因に関する
アルゴリズム・アップデートなのでしょうか?

米メディアの分析によれば、フレッドアップデートは、「過度なアドセンス広告」「低品質なコンテンツ」を掲載したサイトをターゲットにしているもようです。ただ、国内ではそれとは異なる動きも見られています。
※出典:SEO Pack

また、
アメリカのSEOメディア
「SEARCH ENGINE ROUNDTABLE」でも、
様々なとんだサイトの要因について調べ、

傾向としては、このふたつが考えられると言っています。

・大量のコンテンツを掲載している ※ブログ・HPなど形態は問わず
・プレイスメント広告(AdSenseなど)が過度に掲載されている

ザックリ言えば、
「広告を貼りまくっていて、ユーザー目線とは言えないサイト」

というところでしょうか。

しかし、
結局のところ、
これ!と、ハッキリ言えるような、
ひとつの要因によるものではないようです。

というのも、
Googleの検索エンジンシステムには、
昨年から、

「RankBrain」という
AI(人工知能)を使っています。

※関連記事
【SEO対策情報】RankBrainとは?|Google検索エンジンにおけるAI(人工知能)の役割とそれに対するSEO対策とは

これによって、
基本的には、アルゴリズムの更新は、
自動化されています。

Googleの発表でも、
アルゴリズムのアップデートは、

以前までのように、
「◯月◯日に、リンクの評価方法を更新!」
みたいに、

はっきりした区切りで、
大きな更新を行うものではなくなっていると言っています。

現在では随時更新されている状態です。

ですので、
今後も、今回のような
アルゴリズムのアップデートの傾向は
続くでしょうが、

様々な要因が複合的に、

しかも、すこしずつ、
ちょくちょく更新される、

みたいな感じになるのではないでしょうか?

また、内容は
国によっても違うみたいですしね。

以前から言っているように、
このような、
Googleのアルゴリズムのアップデートに、

一喜一憂しても意味がありません。

今回の対策は?

強いて言えば、
今回の「フレッド・アップデート」で、
サイトがとんだ場合、

確証は無いにしても、
アドセンスなどの広告を、
一旦、コンテンツの中から削除する。

もしくは、
同様の広告が集中しているページが有るのであれば、
そのページを削除して、

様子を見てみる、
などでしょうか?

ですが、
アップデートの内容や要因がはっきりしない以上、

このような対応も、
効果があるかどうか分かりません。

これも、以前から言っていますが、

私たちとしては、とにかく
ユーザーさんに役立つコンテンツを提供する。
ユーザーさんに見やすいサイトを作成する。

このようなことを
心がけて、
サイトを作っていくしかないでしょう。

ユーザーファーストを、
忘れない、ということです。

そして、
言葉は悪いかもしれませんが、
サイトがとんでしまったら、、、

「運が悪かった」ということでしょうか。。。(泣)

基本のSEO施策も忘れない

Googleは、検索順位決定の要因として、
「コンテンツ」と「被リンク」とハッキリ言っています。

「コンテンツ」に関しては、
先ほどお話しした、ユーザーファーストの考え方で記事を作成するということです。

「被リンク」に関しては、
もちろん自然発生的な被リンクがベストですが、
これの獲得には時間がかかります。

ですので、
リスクを取れるのであれば、
自作自演の被リンク施策も有効です。

どちらにしても、
「コンテンツ」だけでもダメ、ということです。

「コンテンツ」と「被リンク」両方ないと、上位表示し、
なおかつ安定させるのは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク


 

※情報出典・参考記事
「SEO Pack」

【速報】新たなアルゴ更新「フレッドアップデート」、内容あきらかに

【速報】新たなアルゴ更新「フレッドアップデート」、内容あきらかに

フレッドアップデート「内容がよくわからない」のはなぜか

フレッドアップデート「内容がよくわからない」のはなぜか

【速報】変動幅きょう拡大/フレッド影響か

【速報】変動幅きょう拡大/フレッド影響か ※13:55 追記あり

ウェブ・カルチャー・サービスのオリジナル ソフトウェア・ツール

Blog Semiauto Launcher

a-hachi-search

メルマガ登録

『プロのマーケッターによる「戦略的アフィリエイト通信講座」』

  プロのマーケッターとして、コンサルティングも行なっている、 私の観点から、マーケティング戦略の基本に基いて「本質的に」大事だと考えることをお伝えしていきます。 ※下記のフォームにお名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、「この内容でメルマガに登録する!」のボタンをクリックして下さい。
*メールアドレス
*お名前

最新情報

2018年2月6日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】スピードアップデートとは(Speed Update)|Googleが2018年7月からページ表示速度をランキング要因にすると発表!
2018年1月18日、Googleは新アルゴリズム、Speed Update(スピードアップデート)を 2018年7月から展開すると Googleウェブマスター向け公式ブログで発表しました。 コンテンツ1 Speed U・・・
2018年1月14日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】マカビーアップデートとは(Maccabees Update)|Google検索アルゴリズム更新、実はこんなのもあった!
2017年12月11~16日、 日本では、かの「健康アップデート」で話は持ち切りでしたが、 実はこんなアルゴリズムアップデートもあったんです。 これは本家、米Googleが主導したアップデートと言われています。 名称を「・・・
2017年12月16日
サイトアフィリエイト
【Google公式SEO情報】7年ぶりに「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」を最新版に更新!
2017年12月12日、Googleは「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」 を大幅に更新しました。 前回の更新は、2010年でしたので、 それから実に7年ぶりの更新というわけです。 ※画像引用:ウェブマスター・・・
2017年12月14日
サイトアフィリエイト
【2017年最新・PDF版】Google公式「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」
2017年最新版「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」をPDF形式で保存したものを共有します。 「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」は、 2010年更新版まではPDFでの配布でした。 しかし、 ・・・
2017年12月7日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】健康アップデートとは|医療・健康ジャンルでのGoogleアルゴリズム・アップデート
2017年12月6日にGoogleウェブマスターブログで、 Google検索結果の「医療や健康ジャンル」において、 日本語検索ページの評価アルゴリズムをアップデートしたことを発表しました。 Google Webマスター向・・・

このページの先頭へ