SEO対策の真実

 

【SEO情報】Googleが初めて日本独自のアップデート|キュレーションメディア・ペナルティーか?

Googleペナルティー

Googleが、
2017年2月3日のウェブマスター向け公式ブログで発表しました。

内容は、
日本語圏のGoogle検索において、
「オリジナリティーの低い」コンテンツを持つサイト
検索結果の上位に表示しないように、
アルゴリズムを変更した、というものです。

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

GoogleWebマスター向け公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」2017年2月3日金曜日

今まで、Googleが、
日本語圏だけに検索アルゴリズムのアップデートを適用したことって、
記憶にある限りでは、
初めてだと思います。

それだけ、
緊急、重要な理由があったということです。

で、上記、
「Google Webマスター向け公式ブログ」に書かれている、
以下の文面、

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

これですが、
ユーザーに有益なコンテンツが無い、
品質の低いサイトは順位が下がります、
と言っていますが、

こんなの、
ずっと前から言ってたことじゃありませんか?

何も、今に始まったことじゃないと思います。

それを、今更ながら、
なぜ、取ってつけたように、
こんなアナウンスをわざわざして、
検索アルゴリズムのアップデートをしたんでしょうか?

それは、
やはり、WELQ問題に対処したものとしか、
考えられないですよね。

ネット上の他のメディアでも、
関連が取り沙汰されていますが、

僕も、おそらく、
これは昨年末、大騒ぎになった
WELQ問題に対処したものと思います。

だいぶ問題になってましたからね(汗)

■WELQ問題関連記事
WELQ(ウェルク)の全ての記事が非公開に!事実上の閉鎖か!?
DeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏のWELQ問題に対する考え

Google公式ブログでも、

「今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

と書かれてます。

この、
「日本語検索で表示される低品質なサイト」というのが、

まさに、
最近問題にされていた、
「キュレーションサイト」を指すと考えられます。

Googleが、
このように、
あるひとつのタイプのメディアだけに対応して、
アルゴリズムのアップデートを行うというのも、
異例なことです。

WELQをはじめとする、
DeNAが運営する各キュレーションサイトに関して、

Google自体も、
「検索結果の上位に表示させていた」
という間接的な責任について、

ネット上では攻撃されていた部分もありましたので、
社会問題化していた、
今回の事件に関して、

特別な対応をせざるを得なくなったというのが、
実情ではないでしょうか。

ま、Googleにしても、
「勝手に、SEO的に攻略されただけやん」(泣)
と言いたいところでしょうが・・・

なら、キュレーションサイトでなければ安心なのか?

なら、キュレーションサイトでなければ安心なのか?
というと、

そんなことは無いと思います。

Googleの、
今回のペナルティーは、
手動の、人間が目視でチェックするものではなく、

自動で、コンピュータが行うものですので、
どのサイトが、キュレーションサイトで、

どのサイトがそうではないサイトなのか?
ということまでは、

さすがに、厳密に区別することは難しいと思います。

となれば、
我々アフィリエイターが運営する、
アフィリエイトサイトも、

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供する」という、
Googleが言っていることを、
実行できていなければ、

順位を下げられるということです。

「コンテンツありき」
ということには何も変わりはありません。

今回、キュレーション系のメディで、
大きく順位を下げているサイトが多くありますが、

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供」していなければ、

「明日は我が身」

ということです。

くれぐれもお忘れなきよう。

ウェブ・カルチャー・サービスのオリジナル ソフトウェア・ツール

Blog Semiauto Launcher

a-hachi-search

メルマガ登録

『プロのマーケッターによる「戦略的アフィリエイト通信講座」』

  プロのマーケッターとして、コンサルティングも行なっている、 私の観点から、マーケティング戦略の基本に基いて「本質的に」大事だと考えることをお伝えしていきます。 ※下記のフォームにお名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、「この内容でメルマガに登録する!」のボタンをクリックして下さい。
*メールアドレス
*お名前

最新情報

2017年10月25日
サイトアフィリエイト
モバイルファーストインデックス(MFI)の影響か!?【SEO対策情報】|2017年9月~10月にかけてのGoogle検索結果順位大変動に関してまとめ
2017年9月中頃から10月現在、Google検索結果において、大きな順位変動が継続して発生中です。 コンテンツ1 ここまでGoogle順位の大変動が続くのは珍しい2 今回の順位変動はモバイルファーストインデックス(MF・・・
2017年7月14日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】Google検索の仕組み|Googleはどのようにして様々な情報を検索しているのか?
Googleの検索エンジンシステムの概要について、 当時、スパム対策チームのリーダーだったマット・カッツ氏が解説しています。 Googleが「何を重視しているのか?」 Googleは 「どうやって、ユーザーが本当に求めて・・・
2017年6月28日
サイトアフィリエイト
【Google関連情報】Googleに制裁金!EU(欧州連合)が競争法(独占禁止法)違反で過去最高額3,000億円の支払いを命じる!のまとめ
コンテンツ1 EUがGoogleに独占禁止法違反で制裁金2 Googleショッピングの表示を優遇3 Googleの今後のビジネスモデルにも影響? EUがGoogleに独占禁止法違反で制裁金 2017年6月28日 EUがG・・・
2017年6月27日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】Googleが検索アルゴリズムを改善する仕組み|Googleの本質的な考え方を理解しよう!
こうしている今も、 Googleは常にその検索エンジンアルゴリズムを改善し続けています。 しかし、そのアルゴリズムの中身は、 たまに公開される、Googleの公式発表から垣間見る以外は、 基本的にブラックボックスです。 ・・・
2017年6月13日
イーサリアム
【仮想通貨情報】イーサリアムの価格高騰が止まりません!|イーサリアム高騰の続報です。
2017年6月13日 一昨日、仮想通貨イーサリアムの価格高騰についてお知らせしました。 その続報なのですが、 どうなったかといいますと・・・ コンテンツ1 イーサリアムの高騰が止まりません!1.1 ビットフライヤーライト・・・

このページの先頭へ