Googleキーワードプランナーの仕様変更の対処法|月間検索数が表示されない!?

2016年の8月~9月ころからですが、僕自身でも、周りでも、この事件についてチラホラと聞くようになってきました。

Googleキーワードプランナーの仕様変更の概要

Google自体の仕様変更は、
夏まえくらいから始まっていたようですが、
ユーザーには徐々に反映されてきたようです。

現象は、
「月間検索数が正確な数字で表示されず、
ザックリとした範囲を表示するだけになってしまった。」

というものです。

Googleキーワードプランナー無料

弊社でも8月までは、無料のアカウントでも
今までのように正確な月間検索数が表示されていましたが、

9月に入って、無料のアカウントでは、
表示がザックリとした目安だけになってしまいました。

その時点で、
広告費をかけているアカウントを確認したところ、
それまでと同様に、正確な数字が表示されていました。Googleキーワードプランナー有料

知り合いのアフィリエイターさんからも
同じような状況を聞くようになったのも、この頃からでした。

Googleキーワードプランナーの使い方

まず、念のために。

Googleキーワードプランナーの使い方としては、

ご存知だと思いますが、
「キーワードの月間検索数を調べる」
ということですよね。

無料で使えて、
膨大なキーワードの「月間検索数」を表示してくれる、
素晴らしいツールだったんです。

たとえば、

「どろあわわ」と入力して調べると、

このキーワードが、1ヶ月にどのくらいの回数、検索されているのか?
という数字が表示されます。

「どろあわわ」の場合、「33,100」と表示されます。

1ヶ月に33,100回、検索されている
ということですね。

この月間検索数によって、そのキーワードが
どれほどの需要があるのか?ということが分かります。

Googleキーワードプランナーの今回の仕様変更の詳細

で、これがどのように仕様変更されたかといいますと、

具体的には、月間検索数が、
今まで、「33,100」と表示されていたものが、

ある基準を満たしていないと、

「1万 – 10万」というふうに、かなりザックリとした、
月間検索数の「範囲」だけが表示されるようになってしまいました。

う~ん、
「33,100」と「1万 – 10万」では、かなりの開きがあって、
ほんと、「目安」としてしか見れないですよね。

「どろあわわ」ほどの月間検索数であれば、
商標キーワードとはいえ、

ビックキーワードですので、
よほどでなければ攻めようとは思わないでしょうが、

数千レベルの「ミドルキーワード」では、
こんな表示では微妙でしょう。

たとえば、
「どろあわわ 口コミ」であれば、

今までなら、正確には
「5,400」でしたが、

現状では、
「1000 – 1万」と表示されます。

「どろあわわ お試し」なら、

今までなら、正確には
「1,300」でしたが、

現状では、
「1000 – 1万」と表示されます。

1,300と5,400

4,100もの開きがありますが、

どちらも表示は、
「1000 – 1万」
なんですね。

見た目だけでは、月間検索数が
1000ちょっとなのか?

ほとんど1万なのか?
判断がつきません。

月間検索数が1,000と1万では大違いです。

今までと同じように使うための対処方法

で、
目安だけでOKよ~という人は良しとして、

「やはり、キーワード選定のためには、正確な月間検索数がほしい」
という方はこちらの方法を試して下さい。

とは言っても、裏技的に無料で使う、とかではなく、
やはり、多少なりとお金をかけるしかありません。

でも、
200円くらいでも大丈夫です。

とにかく、適当にキャンペーンを作成して下さい。
(キャンペーンの作成方法はググってね^^)

そして、支払い方法は基本的に何でもいいので、
広告費を200円くらいかけて下さい。

そして、広告費が200円をこえたくらいで、
広告を停止しましょう。

広告を停止しても、
キーワードプランナーは使えます。
これは検証した結果、大丈夫でした。

情報によると、
「1ヶ月に1ドル以上」
広告費をかければ、

今まで通り、キーワードプランナーを
使うことが出来るらしいです。

スミマセン(泣)
「らしい」というのは、

僕自身も、確証を得るために、
日本のGoogleサポートに直接、問い合わせてみたのですが、

「いくら以上と、ハッキリお伝えできるラインが、私共もわからないんです。」
と言われてしまいました。

なんじゃそりゃ!?って感じですが、
そうなんだそうです。

で、あるアフィリエイターさんから仕入れた情報では、

「1ヶ月に1ドル以上」広告費をかければ、
今まで通り、キーワードプランナーを使うことが出来る、

ということだったんです。

当然、うちのように、
1ドル以上使っていれば、
問題なく、正確な月間検索数が表示されています。Googleキーワードプランナー有料

追記

その後、
自社商品の広告を出していない別アカウントでテストしたところ、

確かに、
200円程度広告費をかければ、
24時間程度で、月間検索数は以前のように表示される様になりました。

その後、1ヶ月程度は、
そのまま広告費を追加でかけなくても使用できました。

使う時に注意すること

ただ、注意する点がありますので、
お伝えしておきます。

1点目

広告費をかけても、
正確な月間検索数が表示されるようになるのは、

24時間以上たってからだということ。

2点目

広告費をかけて、
正確な月間検索数が表示される様になっても、
使いすぎると

再びザックリとした目安の範囲しか表示されなくなるということ。

こんな感じです。
Googleキーワードプランナー使いすぎた場合

ツールのテストで、
ガンガン表示させていたら、
止められてしまいました(泣)

でも、手作業で使う程度でも止められる可能性はありますので、注意して下さい。

これも、正確なラインは分かりませんのでね。

以上、
この2点には注意しておいて下さいね。
多少なりと、お役に立てれば幸いです。