【SEO情報】Googleが検索品質評価ガイドラインを更新|2019年9月5日

Googleが2019年9月5日に
検索品質評価ガイドラインを更新しました。

Google検索品質評価ガイドライン(Search Quality Rater Guidelines)の原本

直近の更新は2019年の5月16日でしたので、約3ヶ月半での更新となります。
私の知る限りでは、こんなに短い期間での更新は珍しいのではないでしょうか。

この更新は、最初、SEOコンサルタントのMarie Haynesからのツイートが第一報として届きました。

今回のgoogle検索品質評価ガイドラインで更新された部分や新しく追加されたのは?

今回の更新のポイントはというと、以下の点になります。

2.3:Your Money or Your Life (YMYL) のトピック

2.5.2ウェブサイトの責任者とページ上のコンテンツの作成者を見つける

2.6.1ウェブサイトまたはメインコンテンツの作成者の評判に関する調査

4.6高品質ページの例

5.0最高品質のページ

6.7低品質ページの例

7.3潜在的に憎悪を広めるページ

11.0ページ品質評価に関するよくある質問

12.9電話に関する問題の評価

13.2.1 Fully Meets(FullyM)結果ブロックの例

13.5.1 Slightly Meets(SM)結果ブロックの例

13.6失敗(FailsM)

14.6.1動揺攻撃フラグの使用

引用:Search Engine Land:「Change log: Google updated its Search Quality Rater Guidelines(変更ログ:Googleが検索品質評価者ガイドラインを更新)

もっとも気になるのはYMYLの変更

これらの中でも、最も我々が気になるところは
「YMYL」の適用範囲やその順番の変更でしょう。

YMYLとは

Your Money or Your Lifeの頭文字をとったGoogleの造語です。医療・健康、金融・投資、法律など、人々の生活に密接に関わるようなジャンルのこと

そこで、多くの変更点はありますが、
ここではYMYL関連でどのようなジャンルが追加されたのか?や
それぞれの重要度はどのように変化したのか?

また、その理由の考察を中心にまとめたいと思います。

YMYLの重要度が変更された

YMYLの問題を扱うセクション2.3のほぼ全てが更新されました。

5月の更新時点では、ショッピング、金融、医療のトピックがそのセクションの上位3つにありました。

しかし、今回の9月6日の更新では、
ニュースと時事、市民、政府、法律

などが、上位のトピックに変わりました。

その後に続くのは、ファイナンス、ショッピング、健康と安全などです。

医療健康ジャンルで注目すべきは、
Medicalセクション、つまり「医療」が3位から5位に重要度が下げられました。

その上、Medical Information Pages(医療情報ページ)からHealth and Safety(健康と安全)に名前が変更されました。

しかし、これは「医療・健康」ジャンルの重要度を下げたという捉え方をすべきでは無いと考えています。
「医療・健康」の重要度は変わらないでしょう。

この「検索品質評価ガイドライン」とは、あくまで「検索品質の評価者」であるクオリティーレイターが、
検索結果の状態が、現在のGoogleの目指すものになっているかどうか?ということを目視で確認する際の
ガイドラインにすぎません。

検索結果のアルゴリズムを表すわけでは無いのです。

ですので、クオリティーレイターが検索結果の評価をする際に、
今までは「医療・健康」ジャンルのページについて厳しく評価していたものを、
今後は「ニュースや時事」について、一番厳しく見てくださいね、というだけのことです。

評価のガイドですから。

Googleの意図の考察

このことからGoogleの意図を考察すると、
医療・健康ジャンルについては、
現状のSERPs(検索結果)で、一定の目標が達成できたということではないでしょうか。
(もちろん、今後もより良くしていく取り組みは継続されるでしょうが)

そして、今後は、「ニュースや時事」について、
厳しくしていきますよという意思の表れだと考えられます。

つまり、関連して、アルゴリズムアップデートでも
「ニュースや時事」のジャンルに関して変更が加えられていく可能性は高いでしょう。

その証拠に、2019年8月29日周辺からのアップデートでは、
この「ニュースや時事」関連のサイトやページが
大きく影響を受けたという情報が複数入ってきています。

【Google変動情報】2019年8月29日頃から変動幅拡大|アルゴリズムアップデートか!?

もしかすると、2020年11月にアメリカ合衆国大統領選挙が控えていることも、
関係が全く無いわけではないかもしれません。

前回のアメリカ合衆国大統領選挙では
「フェイク・ニュース」が大きな問題になりました。

Googleとしても、「フェイク・ニュース」を
何の取り組みもなく、平気でSERPs(検索結果)に表示しているとなれば、
様々な批判は免れません。

こういった、「企業としての立ち位置」や、
「企業としての姿勢を示す」という点でも、

今回の検索品質評価ガイドラインの更新は
Googleにとっても重要な意味を持つのかもしれません。

IR-SEO

新しいニュースや市民のセクションについての記述

“News and current events: news about important topics such as international events, business, politics, science, technology, etc. Keep in mind that not all news articles are necessarily considered YMYL (e.g., sports, entertainment, and everyday lifestyle topics are generally not YMYL). Please use your judgment and knowledge of your locale.

※Google翻訳
ニュースと現在のイベント国際的なイベント、ビジネス、政治、科学、技術などの重要なトピックに関するニュース。すべてのニュース記事が必ずしもYMYLと見なされるわけではないことに注意してください(たとえば、スポーツ、エンターテイメントは YMYLではありません)。ローカルの判断と知識を使用してください。(意訳:分野によって的確に判断して下さい。)

Civics, government, and law: information important to maintaining an informed citizenry, such as information about voting, government agencies, public institutions, social services, and legal issues (e.g., divorce, child custody, adoption, creating a will, etc.).”

※Google翻訳
市民、政府、法律投票、政府機関、公共機関、社会サービス、法的問題(離婚、親権、養子縁組、遺言の作成など)に関する情報など、情報に基づいた市民を維持するために重要な情報」

新しい健康と安全のセクションについての記述

Finance: financial advice or information regarding investments, taxes, retirement planning, loans, banking, or insurance, particularly webpages that allow people to make purchases or transfer money online.

※Google翻訳
金融投資、税金、退職計画、ローン、銀行、または保険に関する金融アドバイスまたは情報。特に、人々がオンラインで購入または送金できるウェブページ。

Shopping: information about or services related to research or purchase of goods/services, particularly webpages that allow people to make purchases online.

※Google翻訳
ショッピング商品/サービスの調査または購入に関する情報またはサービス、特に人々がオンラインで購入できるウェブページ。

Health and safety: advice or information about medical issues, drugs, hospitals, emergency preparedness, how dangerous an activity is, etc.

※Google翻訳
健康と安全医学的問題、薬物、病院、緊急時の備え、活動の危険性などに関するアドバイスや情報

Groups of people: information about or claims related to groups of people, including but not limited to those grouped on the basis of race or ethnic origin, religion, disability, age, nationality, veteran status, sexual orientation, gender or gender identity.

※Google翻訳
人々のグループ人種または民族的出身、宗教、障害、年齢、国籍、退役軍人、性的指向、性別または性同一性に基づいてグループ化された人々を含むが、これらに限定されない人々のグループに関する情報または主張

Other: there are many other topics related to big decisions or important aspects of people’s lives which thus may be considered YMYL, such as fitness and nutrition, housing information, choosing a college, finding a job, etc. Please use your judgment.

※Google翻訳
その他フィットネスや栄養、住宅情報、大学の選択、就職など、YMYLと見なされる可能性のある人々の生活の大きな決定や重要な側面に関連するトピックは他にもたくさんあります。

参考・引用記事

Google検索品質評価ガイドライン(Search Quality Rater Guidelines)の原本

Search Engine Land:「Change log: Google updated its Search Quality Rater Guidelines(変更ログ:Googleが検索品質評価者ガイドラインを更新)

Search Engine Land:「Quality Raters Guidelines Update – This is What Changed(品質評価者ガイドラインの更新-これが変更点です)

2019年の5月16日の更新について
SEO研究所サクラサクラボ「Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法