オールドドメイン(=中古ドメイン)は2019年現在、SEO対策に効果があるか?

オールドドメイン(=中古ドメイン)はSEO対策に効果があるか?

結論から言うと、

2019年現在、効果はあると考えられます。
しかも最近高まってきていると感じます。

同様の効果の高まりを感じるという意見は
私の周囲のSEOのプロフェッショナルの間でも複数あります。

オールドドメインとは

以前、別のサイトコンテンツをアップロードして運用されていたものが、
何らかの理由で更新されずに期限切れになっているドメインがあります。

つまり、使われていたものが
現在、捨てられているドメインですね。

これを「オールドドメイン」とか「中古ドメイン」といいます。

オールドドメインのメリット

なぜ、オールドドメインがイイのか?といいますと、
理由はおおまかに2つあります。

Googleが運用歴の長いドメインを評価する傾向があることがひとつ。

ドメインの運用歴を「ドメインエイジ」といいます。
ドメインエイジが長いとGoogleに評価される可能性が高まるということです。

もう一つは、以前運用されていた時に、
他のサイトから、そのオールドドメインのサイトに向けて
リンクが貼られていることがよくあります。

このように貼られているリンクを「バックリンク(被リンク)」といいますが、
バックリンクも、質にもよりますが、
質の良いバックリンクはGoogleに評価される要因のひとつと考えられています。

このように、Googleに評価される要因とされ、
しかも一朝一夕に獲得するのが難しい
長いドメインエイジ複数の優良な被リンクを獲得していることが多いため、

オールドドメインは重宝されるのです。

オールドドメインはSEO対策に効果があるか?

オールドドメインの効果

オールドドメインをメインサイトのドメインとして
使用することは、コーポレートサイトや事業用サイトでは
あまりありませんが、

最近でもアフィリエイトサイトでは、
中古ドメインを使って、上位表示出来ている事例は複数あります。
※YMYLジャンルでも検索クエリ(=キーワード)によっては、2語、3語などの複合KWでは可能です。

やはり、依然としてドメインエイジやバックリンクの効果は「ある」と言うことが出来ると思います。

しかも特徴は、新規取得ドメインに比べて、
オールドドメインの方が、順位上昇するのが早いケースが多いことです。

オールドドメインを再利用するためのジャンル・マッチ

また、オールドドメインの効果を最大化するために、
再利用する際のサイトのジャンルは、

以前、運用されていた際のサイト内コンテンツのジャンルが分かっている場合は、
そのジャンルと出来るだけ関連性の高いジャンル、
もしくは同じジャンルが望ましいと考えられます。

オールドドメインを購入したような場合は難しいと思いますが、
自社の管理ドメイン等の場合は、当然、その中身は把握しているはずなので、

できれば、そのジャンルと出来るだけ関連性の高いジャンル、
もしくは同じジャンルのサイトを運営されたほうが
よりオールドドメインの効果の恩恵はあるでしょう。

オールドドメインを購入するなり、探すなりして取得する場合も、
以前の運用内容を知ることが可能ならば、
自分が開設するサイトと関連性の高いオールドドメインを選ぶべきです。

その理由は、特にバックリンク(被リンク)です。

以前、運営していた頃に付いているバックリンクは、
その運営していたサイトのコンテンツに関連性のあるサイトやページからのリンクであるはず
なので、

再利用して構築するサイトも、以前運用時のジャンルと関連性の高いジャンルであれば、
必然的に、そこに付いているバックリンクとの関連性も高くなるはずです。

メインサイトとバックリンクのジャンルは関連性が高いほうが自然ですので、
その方がより検索エンジンからの評価も高くなると考えられます。

ですので、オールドドメインを購入するなり、探すなりして取得する場合、
以前のサイトそのものの運営内容が分からないのであれば、

それに付いているバックリンク・サイトのジャンルと、
新しく自分が構築するサイトのジャンルに関連性があるか確認する方法もあります。

オールドドメインを使用した場合のGoogleのサイト評価について

また参考までに、
オールドドメインを使用した場合のサイト評価について、
順位によっても評価基準は異なると考えられます。

低順位の間は、既存の評価要因である
バックリンクやドメインエイジなどの
ドメインパワーによって順位上昇する場合も、

10位以内に上昇してアクセス流入が増加すると、
UX(ユーザー・エクスペリエンス=ユーザーの行動、体験)での評価がされる
ことによって、

検索クエリとコンテンツの関連性が低いなど、
ユーザーエンゲージメントが低いと、再び順位が低下する場合がほとんどです。

※ユーザーエンゲージメントとは?

狭義でいえばここでは、Webサイトに対して、そこに訪問するユーザーが好意や愛着を持っている度合いを表す概念です。あなたの「サイトを気に入ってる度」ということですね。

つまり、ドメインエイジやバックリンクのパワーがあっても、
それだけではダメ
ということです。

ユーザーエンゲージメントを高められるような「コンテンツ」があって初めて、
ドメインエイジやバックリンクのパワーも生かされると考えるべきでしょう。

オールドドメインをバックリンクとして使うSEO効果は?

効果はあります。

昔から、オールドドメインといえば、
メインサイトのドメインとして使うよりも
バックリンクとして使うことのほうが多かったかもしれません。

これは、俗に言う
「自作自演のバックリンクSEO対策」ですね。

Googleはこの「自作自演のバックリンク」を
以前からスパム行為として推奨しないと言ってきています。

当然、ペナルティーを受ける可能性もありますので、
事業用のサイト、メインサイトに対しては、
「自作自演のバックリンク」はお勧めできません。

リスクが大きいからです。

何らかの戦略として、
ペナルティーを受けても構わない、
飛ばされても構わない、というサイトであれば、
別に法律違反というわけではありませんので、自己責任で。

ここまでお話ししてきたように、
オールドドメインそのものにドメインパワーがありますので、
バックリンクとしても、そのパワーをメインサイトに供給することが出来ます。

まとめ

オールドドメイン(=中古ドメイン)は効果がありますが、オールドドメインのドメインエイジやバックリンクなど、ドメインパワーばかりに頼っていると、一旦上位表示しても、またすぐに順位は下落します。

せっかくドメインパワーで順位上昇した場合も、コンテンツの質が悪かったり、検索ユーザーの「検索意図」とコンテンツで返している「答え」に関連性が低かったりして、ユーザーエンゲージメントが低くなると順位は下落します。

やはり、コンテンツに注力しつつ、ドメインパワーは補助的に使うという考え方が妥当でしょう。

IR-SEO