SEO対策の真実

 

DeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏のWELQ問題に対する考え

DeNA代表取締役社長兼CEO守安功氏
DeNA代表取締役社長兼CEO守安功氏
画像出典:12月1日 TechCrunch Japan

お疲れ様です!
Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス)
の加藤です。

DeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏が
WELQ問題に関して、インタビューをうけました。

先日の記事の続報として、
まとめておこうと思います。

先日のWELQ問題の記事:WELQ(ウェルク)の全ての記事が非公開に!事実上の閉鎖か!?

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は
WELQをはじめとする、
キュレーション・メディア、

我々の言うところの、
キュレーション・サイトですね。

これについて、
2016年12月8日現在、
10媒体の全ての記事を非公開にしています。
それに関して社長自らの見解を話しています。

12月1日の
このインタビューの時点では、
女性向けメディアのMERYは非公開にはしないと言っていましたが、

結局、
12月5日になって、
MERYも非公開にすると発表しました。

12月7日には、
DeNA Paletteの全記事非公開化および第三者調査委員会の設置
に関する記者会見も開催しました。

DeNA代表取締役社長兼CEOの守安功氏が考える、WELQ事件の問題点

守安氏は
今回の騒動で、問題点は2つあるとしています。

1つは、

医療・ヘルスケア情報の取り扱いに関して認識が甘かった点です。数カ月前から(WELQについて)医療関係者の監修がない状態で記事が公開されている事実を把握していました。当時、「後で監修をつければいいのではないか」と思っていたのですが、この認識が甘かったと思っています。
出典:12月1日 TechCrunch Japan

2つは、

WELQに限らず、私たちが運営するその他のキュレーションメディアも含まれることなのですが、記事の作り方に問題があったと思っています。BuzzFeed( Japan)が公開した記事を見まして、マニュアルや指示の内容、例示の仕方など記事を作る一連のプロセスがクリーンであったか、モラル的に問題がなかったかと考えると、決してそうではない。記事の作り方に問題があると感じました。
出典:12月1日 TechCrunch Japan

守安氏は、
「認識が甘かった」と言っていますが、
あと付けのように聞こえてしまいますね。

ここが、全ての原因のようにも見えますが、
守安氏本人が、問題の記事の内容、記事の作り方について、

はたして、
そこまで認識していたのでしょうか?

もちろん、経営者としての監督責任はありますから、
「私は知りませんでした」
と言って、

責任を逃れることが出来るものではありません。
ですから、このように言うしか無かったんだとは思います。

それでも、実際はおそらく、
担当部署で、現場レベルで記事の集め方などは、
提案し、募集し、投稿していたはずですから、

独自に暴走してしまったんじゃないかと、
私は思います。

社長がこんな細かいことまで
チェックしていたはずはありませんから、

こんな騒動になってから、
確認してみたら、
やり方が無茶苦茶だった、
というところではないでしょうか。

でも、さっきも言ったように
当然、経営者としての責任はありますけどね。

キュレーションメディア事業が暴走した原因

会社の業績としては、
近年、悪くなる一方でした。

そんななかで、
キュレーションメディア事業だけが、
好調だったようで、

当然、経営方針は、
業績好調な事業を拡大しろ
という話になるでしょう。

こうなってくると、
業績も上げ続ける事が要求されるでしょう。

短期間に業績アップの至上命令が下され、
現場はイケイケになってしまったのかもしれません。

僕のサラリーマン時代からの
経験に基づいた推測ですけどね。

キュレーション事業部での
運営媒体10個の全ての記事が非公開となった今、
DeNAは、事業戦略の方向性も、
大きく見直す必要性が出てくるでしょう。

アフィリエイターの場合は?

問題
これをアフィリエイターに置き換えて
考えてみるとどうでしょう。

DeNAの
「業績アップ、業績アップ」

と同じように、
「稼ぎたい、稼ぎたい」

と思うがあまり、、、
ちょとくらい良いだろうと、

コピペによるコンテンツ盗用、
画像盗用、
など、してませんか?

ダメですよ。
個人だからといっても、
ダメなものはダメです。

個人のアフィリエイターの場合は、
経営者と現場のスタッフは、
通常、一体ですよね。

自分ひとりで、
方向性を決定し、

自分自身で、
作業もします。

ですから、
そこで、どんな記事の内容にしようと、
どんな記事の作成方法をとろうと、
だれも何も言いません。

外注さんに記事を発注している場合も、
記事そのものを書くのは、
第3者ということになりますが、

それでも、
どのような記事の作成方法をとってもらうか?(コピペなど)
提案したり、

納品された記事の内容に関して、
問題ない内容なのか、コピペ記事ではないか、
チェックしたりするのは、
あなたですよね。

DeNAでいうところの、
キュレーションメディア事業部の、
担当スタッフの仕事をするのも、
あなた自身です。

ですので、あなた自身、
自分は経営者でもあるという自覚をきちんと持ち、

今のサイト作成方針は間違っていないか?
法令遵守出来ているか?

責任を持って、
管理する義務があります。

DeNAのように、
経営者の認識不足か、管理不足から、

現場レベルの作業をするスタッフが
暴走する、なんてことがあってはダメなんです。

あなた自身が、
経営者でもあり、
現場スタッフでもある。

そこに、管理責任がある。

このことは、くれぐれも
お忘れなきよう。

 

ウェブ・カルチャー・サービスのオリジナル ソフトウェア・ツール

Blog Semiauto Launcher

a-hachi-search

メルマガ登録

『プロのマーケッターによる「戦略的アフィリエイト通信講座」』

  プロのマーケッターとして、コンサルティングも行なっている、 私の観点から、マーケティング戦略の基本に基いて「本質的に」大事だと考えることをお伝えしていきます。 ※下記のフォームにお名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、「この内容でメルマガに登録する!」のボタンをクリックして下さい。
*メールアドレス
*お名前

最新情報

2017年10月25日
サイトアフィリエイト
モバイルファーストインデックス(MFI)の影響か!?【SEO対策情報】|2017年9月~10月にかけてのGoogle検索結果順位大変動に関してまとめ
2017年9月中頃から10月現在、Google検索結果において、大きな順位変動が継続して発生中です。 コンテンツ1 ここまでGoogle順位の大変動が続くのは珍しい2 今回の順位変動はモバイルファーストインデックス(MF・・・
2017年7月14日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】Google検索の仕組み|Googleはどのようにして様々な情報を検索しているのか?
Googleの検索エンジンシステムの概要について、 当時、スパム対策チームのリーダーだったマット・カッツ氏が解説しています。 Googleが「何を重視しているのか?」 Googleは 「どうやって、ユーザーが本当に求めて・・・
2017年6月28日
サイトアフィリエイト
【Google関連情報】Googleに制裁金!EU(欧州連合)が競争法(独占禁止法)違反で過去最高額3,000億円の支払いを命じる!のまとめ
コンテンツ1 EUがGoogleに独占禁止法違反で制裁金2 Googleショッピングの表示を優遇3 Googleの今後のビジネスモデルにも影響? EUがGoogleに独占禁止法違反で制裁金 2017年6月28日 EUがG・・・
2017年6月27日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】Googleが検索アルゴリズムを改善する仕組み|Googleの本質的な考え方を理解しよう!
こうしている今も、 Googleは常にその検索エンジンアルゴリズムを改善し続けています。 しかし、そのアルゴリズムの中身は、 たまに公開される、Googleの公式発表から垣間見る以外は、 基本的にブラックボックスです。 ・・・
2017年6月13日
イーサリアム
【仮想通貨情報】イーサリアムの価格高騰が止まりません!|イーサリアム高騰の続報です。
2017年6月13日 一昨日、仮想通貨イーサリアムの価格高騰についてお知らせしました。 その続報なのですが、 どうなったかといいますと・・・ コンテンツ1 イーサリアムの高騰が止まりません!1.1 ビットフライヤーライト・・・

このページの先頭へ