【重要発表】Googleがモバイル版とPC版の検索順位を分離する事を発表!

レスポンシブウェブデザイン

最近、SEO的に重大事件が多いように思いますが。。。

今回も、結構、重要だと思います。

表題の通り、
Googleがモバイル版とPC版を分離する事を発表したんです。

しかも、それは数ヶ月以内に実施の予定だとか。

これが、SEOにどのように影響してくるのか?
気になるところですよね。

そのあたりを、
情報を読み解きつつ、
僕の見解をお話ししていきたいと思います。

モバイル版とPC版の表示とは?

まず、
モバイル版とPC版って、どういうこと?
という人のために、

簡単に概要を説明しておきます。

お分かりの方には何でもないことだとは思いますが。

僕達が普通に見ている、
ウェブサイト。

これ、従来のように
PC(パソコン)の画面で見るのであれば、

従来からの以下ような構成のページでも、
なんの問題もなく読めました。

・ヘッダー
 ページの一番上の部分、画像やサイトタイトルなどが配置されている

・メインカラム
 一番スペースが広く、メインの記事が書いてある。

・サイドバー
 メインカラムの横にあって、主にメニューなどが設置されている。

PCでのウェブサイトのみえかた

しかし、
スマートフォンでこのような構成のページを見たらどうでしょう?

文字や画像が小さくなってしまって、
読みにくい
ですよね。

なので、
スマートフォンの小さな画面でも
見やすいように、

スマートフォン対応の構成がされたページが登場したのです。

イメージ的には、縦長のワンカラムみたいな感じですね。

モバイルサイト構成
モバイルサイト構成02

こんな感じですね。

 

レスポンシブウェブデザインとは

PC用、スマートフォン用、それぞれが
別々に存在し、これをアクセスのあった端末がどちらかによって、

自動的に切り替えて表示しているサイトもあります。

また、最近、少なくなりましたが、
企業サイトなどでは、
「スマートフォンの方はこちら」のように、

リンク先に、
スマートフォン用サイトを用意しているところもありました。

しかし、最近多いのは、
「レスポンシブウェブデザイン」とか
「レスポンシブデザイン」といわれるものです。

これは、アクセスしてきた端末のサイズによって、
自動的に、サイト表示の構成をPC用、スマートフォン用に変化させて、
最適な表示を行うものです。

少し、ややこしいかもしれませんが、

どちらにしても、

「スマートフォンの小さな画面でも
 見やすいように表示する」

ということです。

 

今までの、スマートフォン表示のGoogleの評価

今までも
すでに、Googleは、

上記のように、

「スマートフォンの小さな画面でも
 見やすいように表示する」

という仕組みに対応しているか?
対応していないか?によって、

「検索結果の順位を入れ替えますよ」
と言っていました。

つまり、
「スマートフォンでの閲覧に最適化されている事を
 上位表示のための要因として加味しますよ」

と言っていたのです。

 

今後のスマートフォン用 表示最適化

しかし、
これが、今回、もっと厳密な形で、
影響するのではないかと思われるような、

Googleの発表がありました。

それが、こちらです。

・米国のSEOニュースサイト「Search Engine Land」の記事より
 Google社のウェブマスタートレンドアナリストのゲイリー・イリーズ氏がPubconというSEOのカンファレンスの基調講演で発表

Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content
Currently, Google has a single index of documents for search. Google’s Gary Illyes announced they plan on releasing a separate mobile search index, which will become the primary one.
『数ヶ月以内にGoogleはインデックスを分離することを発表。これによりモバイルユーザーにより良く、新鮮なコンテンツを提供することを目指す。Googleは現在1つのインデックスしかないが、Googleのゲイリー・イリーズ氏によると同社は分離されたモバイル専用のインデックスを公開予定。そしてこのモバイル専用のインデックスが今後Googleの主要なインデックスにすることを決定』(2016年10月13日 Search Engine Land by Barry Schwartz)

※引用:鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー/2016年10月14日
http://www.web-planners.net/blog/archives/000210.html

今までは、
検索結果の順位を決める要因として「加味する」程度だったのが、

今後は、
PC用の検索結果表示と
スマートフォン用の検索結果表示を

「完全に分離する」というのです。

しかも、今までは、
PC用の検索順位がメインだったものを、

今後は、
スマートフォン用の検索順位をメインにする

というのです。

アフィリエイターにとっての影響と対応策は?

とは言うものの、
一般の企業サイトなどで、
まだ、スマートフォン表示に対応していないところ
などは慌てるのでしょうが、

我々、アフィリエイターの間では、
すでに、検索結果上位表示のためには、
また、ユーザビリティーの面からも、

サイト作成の際には、
スマートフォンに最適化されたものにしないといけない、
というのが常識になってますよね。

なので、
あくまでも僕の個人的な考えですが、

今更、このことだけで、
サイトの作成方法の面で慌てる必要は
無いのかなと思います。

あと、少し注意するとすれば、
被リンクでしょうか?

引用元のサイトの記事の筆者である鈴木さんもおっしゃっていますが、

被リンク(バックリンク)サイトも、
メイン(ターゲット)サイトと同じように、

評価されるサイトであるべきですよね。

今まで、これは、
コンテンツの面でよく言われてきていたかもしれませんが、

今後は、
「サイトの構成」でも、
「評価される」という意味では、

被リンク(バックリンク)サイトも
スマートフォンに最適化されたものである必要
があるでしょう。

今までより以上に、
どんなサイトからの被リンクでも良いというわけではなくなるかもしれません。

ま、これも、
レスポンシブのワードプレス・テーマ(テンプレート)や
シリウスの上位版、
レスポンシブの無料ブログを利用して
被リンク(バックリンク)サイトを作成している
ということでしたら、

何も心配することは無いでしょう。

 

ウェブ・カルチャー・サービスのオリジナル ソフトウェア・ツール

User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)

Blog Semiauto Launcher

a-hachi-search

メルマガ登録

『プロのマーケッターによる「戦略的アフィリエイト通信講座」』

  プロのマーケッターとして、コンサルティングも行なっている、 私の観点から、マーケティング戦略の基本に基いて「本質的に」大事だと考えることをお伝えしていきます。 ※下記のフォームにお名前(HN可)、メールアドレスをご記入の上、「この内容でメルマガに登録する!」のボタンをクリックして下さい。
*メールアドレス
*お名前

最新情報

2018年11月9日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】読者のためになるコンテンツとは?|その2:検索結果に戻さない、サイトから逃さない
昨日の下記の記事の続きとなります。 ⇒ 読者のためになるコンテンツとは?|その1:一次情報、体験記事 よくある、 「読者のためになるコンテンツとは?」 という問いに対する、 具体的な解答その2です。 コンテンツ1 あなた・・・
2018年11月8日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】読者のためになるコンテンツとは?|その1:一次情報、体験記事
先日、 SEO対策関連のセミナーに 参加してきました。 名前を出すと問題ありそうなので、 ここでは伏せておきますが、 僕も、今までから何度も拝見した、 企業の代表の方で、 多くの自社やクライアントのサイトを 分析して情報・・・
2018年11月2日
ビジネス・マインド
「やらないことを決める」「決断」すること|時間がない時の対処法
昨日の記事からの続きです。 ウチのユーザーさんからの 悩みごとのご相談の話でしたね。 ▼ここから———————————– 「副業でアフィリエイトをやっていますが、 仕事が忙し過ぎて、平日はほぼ作業が難しいです。 短時間で・・・
2018年11月1日
ビジネス・マインド
時間が足りない、忙しい、どうしたらいいですか?|時間が足りないときの対処法
ウチのユーザーさんからいただいた、 最近の悩み事のご相談です。 では、まずお問い合わせの内容から。 ▼ここから————————・・・
2018年8月4日
サイトアフィリエイト
【SEO対策情報】Google大変動|8月1日にGoogleコアアルゴリズム・アップデート
2018年8月2日周辺から、(8月1日から変動幅が大きくなっているという計測もあり) 世界的にGoogleの検索順位変動幅が大きくなっています。 大変動とも言える変動幅です。 コンテンツ1 各種計測による変動幅グラフ1.・・・

このページの先頭へ