ビジネスは秘めた「内なる痛み」「内なる悩み」のリサーチから

痛み

From 加藤 理人

一昨日の夜、
我が家のリビングで、その事件は起こりました。

「ほげーーーーー!!!」
(僕の悲鳴)

慌てて、走るようにリビングを歩いている時、
僕は、おもいっきり、
足の小指をソファーのカドにぶつけてしまったんです。

「しまった!!これはホンマにヤッてしもたか??!!」

そう思うくらい、
今までに感じたことのない程の激痛が
足の小指に走りました。(泣)

「なんか、小指が変な感じに曲がってるような気が・・・」

そのうち、
小指は腫れ上がリ、

だんだんと、青黒くなってきました。

「やってもーたー!(泣)」

すぐにシップを貼りましたが、
いつまでたっても痛みは引く様子がありません。

夜なので、
もうやってる病院もなく、

かといって、
小指をぶつけたと、救急車を呼ぶなんて、
恥ずかしくて出来るわけがありません。

僕が痛みをこらえながら、
リビングのソファーに腰掛けていると、

嫁さんが、

嫁さん
「あ!明日の朝って、また寒くなるらしいな~
ファンヒーターの灯油入れとかんな、足らへんのちゃうかな?」

と言い出します。
「あーそうやな・・・」

と、僕・・・

・・・

・・・

・・・

いっこうに
嫁さんが灯油を入れに行く様子はありません。。。

・・・

「え!これって、俺に、入れに行けってことなんか!?」

「マジで!?
俺、足の小指、腫れ上がってんねんで!」

・・・と、
心の中では思いましたが、
当然、口には出しません(汗)

嫁さんは、まさか、ここまでヒドイとは
思ってもみないでしょう

僕も、足の小指をぶつけたくらいで、
歩けないとか、
その方がかっこ悪いじゃないですか!?

グッと、痛みをこらえながら、
僕は立ち上がり、
ファンヒーターの灯油タンクを持ち、

家の外の倉庫に、足を半分引きずりながら
向かうのでした。。。

心のなかに「痛み」を秘めながら。。。

この時、
僕の足の指の痛みを、
一瞬で取り去ってくれる薬があるのなら、

1錠が3,000円だと言われたとしても、
僕は即買いしていたことでしょう。

 

「内なる痛み」「内なる悩み」

この時の僕のように、
ヒトは、言葉に出さなくても、
心に「内なる痛み」「内なる悩み」を抱えています。

あなたは、
あなたの商品をセールスする時、

あなたのユーザーの
そんな「内なる痛み」「内なる悩み」を、
知る必要があります。

そして、
その「痛み」「悩み」を
解決できる商品を、差し出してあげるのです。

ユーザーの「悩み」を知り、
それを解決出来る商品を提供する。

それが、ビジネスです。

アフィリエイトでも、この原則は同じです。

そこに、
アフィリエイターの存在価値があるのです。

ユーザーの「悩み」を知り、
「商品」を知り、
その「悩み」を、その「商品」は解決できるのか?を検討し、

「悩み」を解決出来る商品を教えてあげる。

この価値提供の対価として、
ユーザーはあなたのアフィリ・リンクから商品を購入してくれ、
あなたはアフィリエイト報酬を
「対価」として手に入れることができるのです。

なので、あなたは、
まず、ユーザーの「痛み」を知らなければなりません。

そのために「リサーチ」が必要なのです。

徹底的にリサーチすることによってのみ、

あなたのユーザーの
「内なる痛み」「内なる悩み」を知ることができます。

このリサーチで完成した人物像(ペルソナ)に対して、
その人「1人」に語りかけましょう。

そうすれば、
「その悩みを解決するのはコレですよ。」
とユーザーの前に、商品を差し出すだけで、
あなたの紹介する商品は売れていくでしょう。。。

「内なる痛み」「内なる悩み」を、
理解してあげるのです。

あなたが、
僕の足の、小指の痛みと、
僕の心の痛みを理解してくれたようにね。。。(笑)

PS.
リサーチといえば、これですよね!
>>>使用者の声を簡単に、大量にリサーチするツール
リサーチ