アフィリエイトにおける方法論
アフィリエイトにおける方法論
方法を間違っていると、頑張っているのに、いつまでたってもゴールに着きません。|そんな所、歩いていてはダメ、電車に乗ろうよ。

 

うちの小学1年生の三男坊が、
算数の宿題をしていました。

今までは、
足して、答えが10までに収まる、

例えば、

3+4=7

のような足し算を勉強していたのですが、

今度は、
答えが10以上になる足し算を勉強しています。

9+8=17

このような計算ですね。

大人の私たちには、なんということのない、
簡単な計算です。

あなたもきっと、暗算でできるでしょう。

しかし、初めてこの計算を習う子供にしてみれば、
急に数が増えてしまって、

今までの計算がやっとスラスラと出来るようになったのに
再びぶつかってしまう、大きな壁です。

うちの子は、
一生懸命、おはじきを並べて1個1個、数を数えていました。

9+8 なんかですと、
おはじきを17個も並べなければなりません。

こんな計算が、
宿題のプリント1枚で40問もあります。

いったい、全部で何個おはじきを並べなければならないんでしょう?

気が遠くなってしまいます(T_T)

 

正しいやり方

そこで、私は息子に尋ねました。

「先生はこの問題の計算のしかたとか、考え方とか、教えてくれへんのか?」

息子は頭を横に振りながら、

「うううん」

。。。

考え方も教わらずに、
ただただ計算をしていても、
時間を浪費するだけではないでしょうか?

あ、ひとつ言っておくと、

私は、普段は、ほとんど、
学校の先生のやり方に文句も言いませんし、

家で教えてやる時も、
出来るだけ、今の学校の方針に沿って教えるようにしています。

でも、今回は、
息子も、あまりに苦労していたので、

少しだけアドバイスしました。

だって、
1問解くのに3分かかったとして、
40問のプリント1枚終わらせるのに、

120分!!

2時間もかかってしまいます(泣)

私:「9にいくつ足したら、10になる?」

息子:「1」

私:「そうやな。じゃあ、その1を、
   8から借りてきて、9の方を10にしてみよう。

   そしたら、8は1引いて、いくつになる?」

息子:「7」

私:「そうやな、じゃあ、さっき10にしたやつと、
   今の7を足して、いくつになる?」

息子:「17!」

息子:「・・・!?」

私:「ほら、簡単やろ。」

今まで、
延々とおはじきを並べて、それを数えて、
1問解くのに数分もかかっていたのに、

この後、
息子は1問30秒もかからずに、
ガンガン、問題を解いていくようになりました。

この話、どう思いますか?

問題を解くときの、「考え方」を知っているのと、
知らないのとで、こんなにも効率が違うということです。

 

ビジネスにおける「やり方を知っている」ことの重要性

これはビジネスでも同じことで、

ちゃんとした「やり方」を知っているのと、知らないのとでは、
目標達成までにかかる時間は、全く違うものになるでしょう。

それほど、

「やり方を知っている」

ということは、
大きな武器であり、成功の大きなカギなのです。

逆に、「知らない」ということの恐ろしさ。。。

しかし、
この「やり方」とは、短期的に成功できるとか、
手っ取り早く稼ぐ事ができる方法などとは
また別であるということも覚えておいて下さい。

「やり方を知っている」からと言って、
すぐに成功出来るというものではありません。

正しいやり方であったとしても、
結果が出るまでに時間のかかるノウハウ、ジャンルもあります。

いや、むしろ「正しいやり方」の方が、
時間や手間がかかる事が多いかもしれませんね。

目の前の美味しい話に飛びつく事の無いように
気をつけてくださいね。

その辺りは、あなた自身がしっかりと見極める必要があります。

 

今日は、「やり方を知っている」ことの重要性についてのお話でした。

あなたも考えてみて下さい。