知識と行動
知識と行動
知識は行動して初めて意味を持つ。実践することでのみ検証できるのです。

 

お疲れ様です!

Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス)の加藤です。

子供に

「宿題しぃーや(しろよ)!」

「もう、ゲームやめて、寝ぇーや(寝ろよ)!」

などと、注意すると、
決まって帰ってくるのが、

「分かってるって!!」

という言葉ですね。

それを聞くたびに、

「分かってるんやったら、すぐ、せぇーよ(しろよ)!」

と、言葉を返すことになります(笑)

あなたが、お子さんをお持ちでしたら、お分かりかと思いますが、
こんな会話は、子供のいる家庭では、
定番の、「日常茶飯事」ですよね。

子供も、宿題をしたり、
決まった時間に寝ることは、

「しなければいけないこと」として、
理解はしているのです。

でも、分かっているけど出来ない。

それは、子供の中で、
宿題や、決まった時間に寝ることよりも、
「遊び」の方が優先順位が上になってしまうからです。

そして、何度叱られても、
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」というやつで、
また、同じことを繰り返します。

そして、また叱られる。。。

これ、子供のことと思えば、笑っていられますが、

あなたのビジネスではどうでしょう?

 

「知ってることと、やってることとは違う」

稼げない人に限って、
「あ、それ知ってます」

「そう、そう思ってたんですよ」

などと言います。

これ、はっきり言って、やめましょう。

知ってるのなら、やりましょう。
思ってたのなら、やりましょう。

知ってることと、やってることとは、
全く違うのです。

知っているだけの知識に、さほど意味はありません。
その知識を活かして、実践して、初めて意味があるのです。

でも、「知っているけど実践できていないこと」って、
自分ではなかなか分かりませんよね。

子供なら、親が注意してくれますが、
大人になると、なかなか注意してもらえなかったりしますし、

ましてや、アフィリエイトの作業では、
基本的に1人でやっているでしょうから、

自分以外の人が、作業の内容を見て、

「それ、やらないとダメだよ!」

と、教えてくれるということは、
まあ、無いに等しいでしょう。

なら、どうするか?

自分で見つけるしかありません。

 

「知っているけど実践できていないこと」の見つけ方

「知っているけど実践できていないこと」を、
自分で見つける方法は、実は簡単なことです。

「勉強すること」です。

正確には、
「復習すること」と言った方がいいかもしれません。

新しいノウハウや
新しいジャンルに手を出す意味の「勉強する」ではありません。

新しいノウハウを吸収するためではなく、
今現在、出来ていないことを見つけるために勉強するのです。

教材でも、一般の書籍でも同じです。

以前、一度読んだり、勉強したものを、
再度、読み返してみて下さい。

きっと、1回目に読んだ時に、
「これ、やろう!」と決めたことで、
今、実践できていないことが見つかるはずです。

それを、今度はちゃんとやる。

それだけで、ひとつ、「知っているけど実践できていないこと」を
見つけて、やっつけることが出来ます。

稼いでいる人の話で、
「教材は何度も繰り返し読みましょう」
という話はよく聞くと思います。

あれは、何度も読んで、ノウハウを、より吸収するように、という意味もありますが、

このように、「知っているけど実践できていないこと」を見つけるという意味もあるんです。

でも、何故か大半の人はこれをしないで、
新しいノウハウにばかり手を出します。

そして、その新しいノウハウでも、
同じことを繰り返します。

つまり、「知っているけど実践できていないこと」を
どんどん増やしているだけで、

全く前進していないのです。

だから、稼げるようになりません。

あなたはどうですか?

「知っているけど実践できていないこと」を
ちゃんと、見つけて、やっつけてますか?

 

———————————————————

※以下のアンケートにご協力下さい。アクセス解析していますので、クリックしていただくだけでOKです。

 もし、よろしければ、「ご意見・ご感想」もいただけると嬉しいです。
「こんな内容について書いてほしい!」なども大歓迎です!匿名で内容をシェアさせていただいたり、今後のコンテンツの参考にさせていただきます。

今日の記事は・・・

良かった

普通だった

良くなかった