モチベーションを上げる、最も簡単な一つの方法|スポ根アニメの「自己啓発」的要素

モチベーション

 

From:加藤理人
奈良のオフィスより

毎週、家族全員で観てるアニメがあります。

最近、テレビネタが多いような気もしますが、
まあ、いいでしょう。(笑)

毎週、欠かさず観てるのは、
「ハイキュー」というアニメです。
バレーボールのアニメですね。

ハイキュー02

これ、
もともと「週間少年ジャンプ」のマンガなんですよね。

僕は、家族との共通の時間を過ごす
ひとつの手段として、テレビを捉えています。

特に、アニメなら、子供も一緒に観れますしね。

それでも、
さすがに、「妖怪ウォッチ」なんかだと、
僕も、中学生になる長男坊も、楽しめないので、(汗)
(まあ、妖怪のネタはよく考えられてるとは思いますが。)

一緒に観るアニメは、
スポーツものです。

昔で言えば、
「スポ根」ものですかね。

 

スポ根アニメの「自己啓発」的要素

でもね、
スポーツもののアニメはイイです!!

まず、
家族全員で観れます!

小学校の子供たちには、
スポーツなので、
分かりやすく、主人公のチームが
勝つか?負けるか?という
ハラハラ、ドキドキ感が面白いようです。

中学生になる長男坊や、
嫁さんには、
チーム内の人間模様や、
主人公やチームが強くなっていく過程が面白いようです。

そして、僕なんかは
ヒネクレてますので、
自己啓発やビジネスのヒントみたいな感覚で観てます。(笑)

子供向けのアニメで
「自己啓発」!?って思うかもしれませんが、
いやいや、どうして。

バカにしたもんじゃありません。

 

負けは「弱さの証明」ですか?

スポーツも勝負ですから、
本当に楽しむためには、
「強さ」が必要です。

その「強さ」を手に入れるために、
主人公たちのチームはもちろん、
敵チームも、みんな、

それはそれは、血のにじむような練習をします。

そして、はい上がっていきます。

でも、
それでも、
勝てない相手は、
自分たちの前に「壁」となって
立ちはだかります。

そして、
「負けて」挫折を味わいます。

しかし、こんなふうに
顧問の先生に言葉をかけられます。

顧問の先生
負けは「弱さの証明」ですか?

君たちにとって、負けは「試練」なんじゃないですか?
地に、はいつくばった後、また、立って歩けるのかという。

君たちが、そこに、はいつくばったままならば、
それこそが、「弱さの証明」です。

そして、再び立ち上がります。

次は必ず「勝つ」ために、
再び、血のにじむような練習をします。

そして、
それぞれが考えます。

「勝つ」ために、
自分には何が出来るのか?

自分が、チームが「勝つ」ために
貢献できることは何なのか?

そして、
その自分の「強み」を伸ばすために、
再び、血のにじむような練習をします。

 

あなたは、どう?

・・・さて、
ここでね、

僕はどうかな・・・?
と考えるんです。

自分は、
こんなに、血のにじむような努力をしているのだろうか?

「成功したい」=「勝ちたい」と
口では言いながら、
彼らほど
血のにじむような努力をしているのだろうか?

負けることなんかたくさんありますが、
それを試練として、再び立ち上がり、
乗り越えているだろうか?

とね。。。

僕はね、
こんな時、
「いや~、自分は、まだまだやな。。。」
と思うんですよね。(汗)

反省します。

そして、
「自分も、彼らのように、勝つために頑張ろう!!」
と思うんです。

あなたは、どうですか?
「勝つ」ために、
それにふさわしい行動が出来てますか?

たかが、
子供向けのアニメと、
はなっから、バカにしていたら、

何にも感じることは無いかもしれません。

たかがアニメ、
されどアニメです。

子供たちと一緒になって、
一喜一憂しながら、

真剣に観るんです。
真剣にね。

そうすることで、
「反省」させてくれること。
「モチベーション」上げてくれること。

意外といっぱいあるもんですよ(^_^)

加藤サイン

 

PS.
子供たちにも、
いい影響ありますよ。

「ハイキュー」は
もともと「週間少年ジャンプ」のマンガなんですが、

週刊少年ジャンプの三大原則って知ってますか?

「友情」
「努力」
「勝利」

です。

全ての掲載作品のテーマにこの要素、
あるいはこれに繋がるものを
3つのうち最低1つ入れることを編集方針としているそうです。

子供の教育にも、
良いに決まってますよね!

 

PPS.
いや~
熱く語ってしまいます!
この手のスポーツアニメには。

まだ、言い足りないことがありますので、
続きがあるかもです。

 

PPPS.
あと、
「ハイキュー」以外に、
おすすめのスポーツアニメに

「弱虫ペダル」というのがあります。

これも、いいですよ!
モチベーション、めっちゃ上がります!